母乳 悩み

搾乳が難しい

 

 

出産した病院は基本は母乳で育てることを目標としていました。産後すぐに母乳をあげることを始めます。昼も夜も3時間おきくらいに赤ちゃんに母乳をあげていました。基本は3時間おきですが、赤ちゃんが寝ていたりしてもっと感覚があくこともあります。産後はありがたいことに母乳が順調に出ていました。なので、赤ちゃんが寝ていて時間があくとおっぱいが張ってきて痛い思いをします。そういうときの為に看護師さんが搾乳の仕方を教えてくれました。看護師さんが絞り方を教えてくれて、まんべんなく母乳が絞れるように教えてくれます。絞り残しがないように気を付けて絞るように教えてくれました。看護師さんが教えてくれるときは簡単に思えましたが、実際自分でしてみるとあんまりでてきません。夜中に眠いのに時間をかけての搾乳はとてもしんどかったです。自分ではどうしても絞り切れていなさそうな時はしょうがなくまた看護師さんにしてもらっていました。それくらい気を付けていないと乳腺炎という病気になるからです。

 

母乳の悩みは尽きないと思いますし、大変な思いをされている方が多いと思います。
ですが、それもこれも、赤ちゃんが無事に産まれてきてくれたからゆえの悩みですよね。
流産などで苦しんでいる方もおられるのが現実です。
葉酸サプリで流産を防止し、元気な赤ちゃんをお迎えしたいですね。

 

葉酸サプリは飲むべきものとも言えますが、どれでも良いというわけではありません。
ネイチャーメイド葉酸サプリの危険性について、知っておくことをおすすめします。

 

中には、葉酸サプリ自体が危険だという話を聞いたことがある方もおられるかもしれません。
実際のところはどうなのか、参考サイトで確認してみてくださいね。

搾乳機を使いました

 

 

本当は手で絞ったほうが均等に絞れて体にもいいのはわかっていました。けれど夜中も約3時間おきの授乳です。だいたい手で絞ると30分はかかっていたので、夜中は時間をかけたくありませんでした。3時間おきの授乳とはいえ赤ちゃんはもっと短い間隔で泣くこともあったし飲みながら足らずに寝てしまうこともあったので飲み残しも結構ありました。結局、病院の近くにあった赤ちゃん本舗のお店に母親に搾乳機を買いに行ってもらいました。この搾乳機をおっぱいにつけて付属のポンプで絞ると哺乳瓶に母乳が絞れていくという仕組みです。このおかげで簡単に絞ることが出来ました。けれど均等には絞れているかわからなかったので昼間飲み残しがあって、まだおっぱいが張っている時には手で少し絞ったりもしていました。併用することで負担はずいぶん減ってきたし、赤ちゃんも最初より飲むのがうまくなったり飲む量も増えてきたりして搾乳機の出番も徐々に減っていきました。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます♪